このサイトは成人向けの18禁サイトです
 18歳未満の方の入室は禁止とさせて頂きます。
 コンテンツには『SM』『スカトロ』等の過激な性描写や変態行為が含まれています。
 それらの行為に抵抗があり、嫌悪感や不快感を感じられる方は閲覧をご遠慮ください。
 また、閲覧によって起こるあらゆる事態にも管理人は責任を負えません。
 閲覧は全て自己責任においてお願いします。
サイト詳細  ◆リンク  ◆Twitter  ◆Mixi  ◆Pixiv  ◆パッチ情報  ◆よくある質問
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイプ式女子○学生調教法 サンプルシーン1
レイプ式女子○学生調教法 サンプルシーン1

※ノベルゲーム「レイプ式女子○学生調教法」に収録されている1シーンのサンプルです。

 ブビュゥッ、ブビュゥッ、ブビュビュビュビュルルルッ……!!
「あぐぁあぁあぁあぁぁぁぁぁぁぁぁっ……!?」
 射出された熱く濃厚な白濁液が少女の膣と子宮口に叩き付けられた。
 体内で発生した強烈な熱感にらぶりは高い声を上げながらビクビクと痙攣する。
「あづひっ、ひぃっ、ひぎぐぅうぅうぅうぅぅぅぅっ……!?」
 大量の精液は彼女の膣壁を灼きながら小さな穴の中を満たし、行き場を失って外に溢れ出してしまった。
 女子○学生レイプの快感は凄まじく、溢れる程に出してもまだ治まる事なく出続ける。
 私はその快楽の余韻を味わい尽くそうと、亀頭の先をグリグリと子宮口に押し付けながら射精を続けた。
「うぐひぃいっ、ひぐっ、うっ、うっく……うぅうぅうぅぅぅっ……!」
 自分の体内が見知らぬ男の精液で満たされていく絶望と汚辱感にらぶりはしゃくり上げ、溢れた涙がマットに染み込んで行く。
 射精を終えてもたっぷりと五分はそのまま少女の中に居続け、ファーストレイプの余韻を楽しんだ。
「うっ、うぅぅっ……早く、抜いてよぉっ……うぅうぅぅぅっ……!」
 治まらない痛みと屈辱感を表情に滲ませながら苦々しく吐き捨てる。
 性教育の授業は既に受けているので性行為と妊娠については知っているはずだ。だが妊娠してしまったかもしれないと焦っている様子は無い。
 彼女にはまだ初潮が来ていないのだろう。処女喪失で孕ませてやれなかった事が残念でならない。
「もう、気が済んだ……でしょうっ! うぐっ、くっ、うぅうぅぅ……」
 だがそれならそれで気兼ねなく楽しむ事が出来るというものだ。
 妊娠を気にする事無くいくらでも膣内に出してやれる。
 挿れっぱなしの肉茎はまだ硬度を失っていない。女子○学生をレイプしているのだから一度出したくらいで萎えるはずもない。
「バカか。これで終わるわけないだろうが」
 泣き顔を見せる少女の頭を再びマットに押し付けると、止めていた腰をゆっくりと動かし始めた。
「ひゃぐぅっ!? うぁっ、あっ、あぎぃいぃぃっ……!? もっ、やめっ……!」
 治まり掛けていた破瓜の痛みが再発したのだろう。金切り声を上げてらぶりは悶えている。
 そんな彼女を見下ろしながら、精液で滑りの良くなった膣穴を私は嬉々として犯し抉る。
 一度犯されたくらいでは弛む事の無い狭穴の締め付けを堪能し、膣壁を擦り上げて精液を塗り込んでやる。
「あぐっ、あぐっ、あぐぅうぅうぅぅっ……!? うぎっ、ひっ、ひぃいっ、いぃいぃあぁあぁあぁぁっ……!」
 最初から遠慮せずに大きく腰を振り、小さな身体を揺さぶってやる。
 襲い来る痛みと苦しさでわけが分からなくなってしまったらぶりは唯々悲鳴を上げ続ける。
 二度目の絶頂感はすぐに訪れ、今度は膣穴から肉茎を抜き取って少女の下半身を白濁で汚してやる。
「うぐぅうぅうぅぅぅぅっ……!?」
 それでも私の肉欲は治まらず、硬いままの雄肉を半開きの雌穴に突き挿れ、再度らぶりを犯し始める。
 二度の射精を経て落ち着いたのか、なかなか次の射精は訪れずに少女の膣内を長く蹂躙する事になった。
「はぐぐっ……ぐっ、うっ……うぅぅ、ぁ……ぐ、くぅ、う……うぅ」
 泣き腫らした目を真っ赤にしたらぶりはすっかり憔悴した様子でほとんど動く事も無く、息も絶え絶えに犯されている。
 ○学生の未成熟な身体を大人の男に凌辱された淫惨な姿は目と感触で私を愉しませ、飽きること無く腰を振り続けさせた。
 ――そして二十分も犯し続けた所で三度目の射精感に身体が昂ぶる。
「また出してやるぞ。大人の精液を初潮前の子宮でたっぷり味わえ」
「い、やぁぁぁっ……あぐっ、ぐっ、ぐぅうぅうぅぅあぁぁっ……!」
 もう膣内に出されるのは嫌だと涙を流して訴えるらぶりを押さえ付けると、思い切り深く挿入した所で頂きに達した。

サンプル画像

 ビュブブブゥッ! ビュルゥッ、ビュッ、ビュビュビュビュッ!
「んぎぃいぃひぃいぃいぃぃぃぃっ……!?」
 三度目とは思えない程に濃く大量の精液が少女の穴に吐き出された。
 抽送する内に半分以上の精液が掻き出されていた膣内が再び白濁に満たされる。
「ひぐっ、うっ、うぅぅっ……あぢゅひぃっ……ひぎっ、ぐっ、うぅうぅぅっ……!」
 二度目の膣内射精という事もあり、膣の形を把握した私は亀頭の先端を子宮口にめり込ませて射精する。
 欲望の白濁が未熟な子宮内に注ぎ込まれ、新品の少女子宮を白く汚して行く。
「あぉぉっ、ぉ……おぉぁ……あぁ、ぐ、うぅうぅぅっ……!」
 抵抗する気力も体力も尽き果てたらぶりは、悲鳴を上げる事も出来ずに体内を穢されて行く感覚に身を震わせている。
 レイプした女子○学生を徹底的に汚し尽くす悦びを味わいながら、出るままに精液を注ぎ込み続けた。
 そして全ての精液を出し切ると、ゆっくり肉茎を引き抜いた。
コメント
コメント
今回のサンプルシーンは1つだけなんですか?
2014/03/12(水) 20:56:02 | URL | 名無しさん #- [ 編集 ]
いえ、3つ用意してますー。
いっぺんに3つ出すより、普通は1つずつ出すものなんじゃないかと思いまして。
2014/03/12(水) 22:59:36 | URL | 十勝 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mekakushi.blog101.fc2.com/tb.php/314-1392dd40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。