このサイトは成人向けの18禁サイトです
 18歳未満の方の入室は禁止とさせて頂きます。
 コンテンツには『SM』『スカトロ』等の過激な性描写や変態行為が含まれています。
 それらの行為に抵抗があり、嫌悪感や不快感を感じられる方は閲覧をご遠慮ください。
 また、閲覧によって起こるあらゆる事態にも管理人は責任を負えません。
 閲覧は全て自己責任においてお願いします。
サイト詳細  ◆リンク  ◆Twitter  ◆Mixi  ◆Pixiv  ◆パッチ情報  ◆よくある質問
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイプ式女子○学生調教法 サンプルシーン2
※ノベルゲーム「レイプ式女子○学生調教法」に収録されている1シーンのサンプルです。

 ブビュブビュブビュビュビュビュゥッ! ビュルルルッ、ビューッ、ビュビュッ、ビュルビュルルッ!
「ふぐぅうぅうぅぅっ……!? うぐっ、うっ、うぅうぅうぅぅっ……!」
 腰が抜けそうになる程の快感と共に大量の白濁液が愛奈の中へと吐き出された。
 即座に膣内を満たした精液は膣口から溢れ出し、噴き出すように周りへ飛び散る。
「んぅっ、うっ、うぅうぅうぅぅっ……ふぅっ、う~っ!」
 愛奈は身体の中に発生した灼熱感に目を裏返らせながらビクビクと身体を跳ねさせる。
 そんな反応を愉しみつつ処女穴の最奥に留まり、後から後から溢れ出る精液を流し込み続ける。
 らぶりをレイプした時よりも遥かに射精量が多かった。
 小さな身体を押さえ付けて腰を留めたまま出し続けていたが、その間にも愛奈をもっとメチャクチャに犯してやりたいという欲求が高まって来てしまう。
 まだ全ての精液を出し終えていない内から私は腰を引き、再び最奥へ突き込む。
「うぐぅうぅうぅぅんっ……!? ぐっ、うっ、うぅうぅぅっ……!?」
 痺れるような快感が背筋を走り抜け、その感覚をもっと味わいたいと腰が止まらなくなる。
 パヂュンパヂュンと粘ついた音を立てながら愛奈の膣穴を再度犯し始める。
 大量に吐き出した精液が潤滑液となり、いまだ硬い少女の中を心地良く出入り出来るようになっていた。
「ぐぅうっ、うぅっ、んっ、んんっ……んぐぐっ、ぐふっ、ふっ、ふぅうぅうぅぅっ……!」
 犯されている愛奈の方は苦しさが変わらない所か、より激しく犯される事で痛苦が増しているようだ。
 リズミカルな突き込みに合わせて、彼女の喉の奥から苦しげな呻き声が断続的に漏れている。
 元々か弱い女の子を完全な無抵抗にさせて無理矢理犯す優越感と支配感、そして加虐感は異常な程に私を興奮させる。
 少女が痛がれば痛がる程、苦しがれば苦しがる程に私の快感は増していく。
「精液の匂いが消えなくなるくらい、いっぱい犯してあげるからね」
「うぐぅうぅっ、うぅっ、ぐっ、ふぅうぅうっ……んぐぅうっ……!」
 こんな可憐な女の子の処女を奪い、膣内射精をしても責め苦を止めずに犯し続ける。これ程の快楽が他にあるだろうか。
 精液が空になるまで徹底的に犯し抜いてやる。
 すぐに湧き上がって来た射精感に逆らわず、腰の動きを更に速める。
「うぐっ、うぐっ、うぐっ、ぐぅうぅうっ……!?」
「また出すぞ!」

サンプル画像

 ビュルビュルルルッ! ビュッ、ビュルルッ、ビュブビュブブッ!
「ふぐぅうぅうぅぅぅんっ……!? んぅっ、うっ、ふぅうぅうぅぅっ……!」
 一度目に劣らないくらいの大量射精が愛奈の膣奥に叩き付けられた。
 出しながらも腰の動きを止めていない為、精液が四方八方へ飛び散って行く。
 濃厚で粘度の高い白濁液が胸にまでへばりついてしまっている。
「うぐっ、うぅっ、うぅうぅうぅぅっ……! ふぅっ、んっ、んんぅうぅうぅぅっ……!」
 精液を奥へ奥へと押し込めるような突き込みに、目を見張りながら腰を震わせて耐えている。
 あまりにも好みの女子○学生を犯している為か、射精による脱力感さえ感じずに私は動き続ける。
 勃起が治まらないのだ。
「ぐぅっ、うっ……うぅうぅぅ……うぅっ」
 二度の射精を受けて脱力気味の愛奈に構わず、溢れる肉欲のままに腰を振り続ける。
 やがて訪れた三度目の射精は精液漬けの膣穴から抜き取って上半身に、四度目の射精は頭から顔に振り掛けて可愛い顔を白濁で汚してやった。
「ひぐ、う……うぅ……うぅぅ」
 先程まで処女だった少女が無理矢理に四度も犯されては気力と体力の消耗も凄まじい。
 意識が朦朧として来たのか、目は虚ろで呼吸も怪しくなってきた。
 まだまだ犯し足りないのだが、愛奈を肉穴としてここで使い潰すつもりはない。
 名残惜しいがあと一回、膣内射精をしたら終わるとしよう。
 一度腰の位置を直すと、愛奈を押さえ付ける手に力を込めて猛然と突き込みを始める。
「んぐぅうぅうぅうぅぅっ……!? ふぅっ、うっ、うぐぅうっ、ぐぶっ、ぐっ、うぅうぅうぅぅっ……!?」
 あまりの激しさに意識が戻ったのか、ガクンガクンと身体を痙攣させながら大きな呻き声を上げる。
 肉茎の太さに拡張され始めていた膣も強烈に締め付けて来て、最初の射精前のようなキツさを感じる。
 五度目ともなれば射精まで時間が掛かると思っていたのだが、あまりにも犯し心地が気持ち良くて早漏気味になってしまったようだ。
 早くも出したい欲求が湧き上がって来る。
「ふぐぅっ、うぅっ、うぅうぅっ、うぐっ、ぐっ、んぐぅうぅっ……!?」
 初物性器をもう少し愉しもうと、今にも出てしまいそうな精液をグッと堪える。
 処女穴にするべきではない高速のピストンで突き上げながら、精液で汚れた可愛い乳房を掴み、張り詰めた乳首を潰すように指先で捻り上げる。
「んぐぃいぃいぃいぃぃっ……!? ぎぅっ、ぐっ、うぅうぅうぅぅっ……!?」
 少女の身体がビクンと跳ね、まるで絶頂しているように反り返ってガクガクと震える。
 膣穴もキュゥッと強烈に締め付けて来て、そこを抉り込むように擦り上げると頭が白くなる程の肉悦に襲われた。
 限界を超えた快感に堪らず、思い切り精を解き放っていた。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mekakushi.blog101.fc2.com/tb.php/315-037431d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。