このサイトは成人向けの18禁サイトです
 18歳未満の方の入室は禁止とさせて頂きます。
 コンテンツには『SM』『スカトロ』等の過激な性描写や変態行為が含まれています。
 それらの行為に抵抗があり、嫌悪感や不快感を感じられる方は閲覧をご遠慮ください。
 また、閲覧によって起こるあらゆる事態にも管理人は責任を負えません。
 閲覧は全て自己責任においてお願いします。
サイト詳細  ◆リンク  ◆Twitter  ◆Mixi  ◆Pixiv  ◆パッチ情報  ◆よくある質問
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
透明人間になったらヤるべきコト サンプルシーン3
※ノベルゲーム「透明人間になったらヤるべきコト」に収録されている1シーンのサンプルです。

 ズググッ、ズブズブズブゥッ……!
「はぁおぉおぉぉぉぉぉぉっ……!?」
 子供の狭く小さな尻穴が、大人の太く大きな肉茎に貫かれ無理矢理押し開かれた。
 理乃ちゃんは舌を突き出して牝声を上げ、肛虐に苦しむ様子もなく深くまで受け入れている。
 犯される悦びを知ってしまった幼い身体はもう、落ち着くまで待つなどという手間を掛ける必要もない。
 すぐさま腰の上下動を開始し、狭いながらも熱くぬめった直腸を責め立てる。
「ほぉっ、おぉぉっ、おぢりぃいぃぃぃっ……! ひっ、あぁっ、んぉっ、ほぉおぉぉっ……!」
 アナルバイブで責めていた時よりも更に妖しく瞳を快楽に潤ませ、普段の楚々とした印象を打ち砕くような、低く濁った悶絶声で肉の悦びを喚き散らす。
 小さな身体を包み込むようにして抱きかかえ、腰を動かし続けて女児の狭穴を味わいながら貪る。
「おぢっ、あぢゅっ、しゅごっ、おぉおぉぉっ……んぉおぉおぉぉぉぉっ……!?」
 理乃ちゃんの口から大きな叫びが上がると同時に尻穴がギュギュッと強烈に締まり、全身が硬直した後にギュッギュッと断続的に締め付けて来る。
 犯し始めて間もないのに、もう再絶頂に達してしまったのだ。
 いつもならここで一旦止める所だが、今日はとことんまで責め立てて快楽に堕としてやる。
 イっている理乃ちゃんの中で容赦無く動き、腸壁を刮ぐように肉茎で擦り抉ってやる。
「んぎぃひぃいぃいっ……!? あぁあっ……もう、ぎもぢいぃの、あぐぅっ……来ぢゃってる、のにぃっ……! んひぃいぃいぃぃっ……!」
 絶頂中で敏感な肉穴を責められた理乃ちゃんが素っ頓狂に声を裏返らせて悶え狂っている。
 強烈過ぎる快楽から逃げようと身体が勝手に暴れてしまうのだろう、枷と鎖が擦れ合ってギシギシガチャガチャと音を立てている。
 だが女児の非力で壊れるような安物ではない枷は、無情にも理乃ちゃんの身体を拘束し続ける。
「あぎゅうっ、うっ、ふぅうぅぅんっ……! おぢりっ、おぢりがぁっ、あぁあっ……またっ、また来ぢゃうぅうぅぅぅっ……!」
 そして間を置かずにまた彼女の性感を高い所に登り詰めさせた。
 肉茎がギュゥッと締め付けられるのにも構わず、そのまま動き続ける。
「あぁあぁあぁあっ……ダメぇえぇぇっ……! おぢりっ、ごわれるぅっ……あぐぅうぅぅっ、ごわれぢゃぅうぅうぅぅっ……!」
 尻穴から溢れ続ける快感の淫熱で頭の中が煮崩れてグチャグチャになってしまっているのだろう。頭を振りたくって絶叫しながら悶絶している。
 大丈夫、こんなにも気持ち良さそうに締め付けて来る穴が壊れるはずもない。
 そのまま理乃ちゃんが連続絶頂の快感に耐え切れずに失神するまでイかせ続けた。

「あぁぁっ、うぅうぅぅ~っ……! あぁっ、あぁ~っ、んぅうぅあぁおぉぉっ……!」
 失神しても動き続けていると、意識は戻ったものの意味を成さない淫悦の叫びだけを上げるようになってしまった。
 これ以上は精神に悪い影響を与えてしまいそうだし、そもそもこちらももう限界だ。
 腰の動きを速めて昂ぶりを登り詰め、同時に理乃ちゃんの快感を一番高い所まで押し上げる。

サンプル画像

 ブビュルルルルルッ……! ビュッ、ビューッ、ビュビュッ、ビュルビュルルッ!
「はぐぅうぅうぅぅっ……!? あぁおぉぉっ、おほぉおぉぉぉぉっ……!」
 灼熱した白濁液が理乃ちゃんの腸奥、S状結腸の腸壁に叩き付けられて少女の神経を灼き焦がした。
 絶頂を越えた最絶頂に登らされてしまった理乃ちゃんは、見開いた目を肛悦の快感に染め上げながら、長く尾を引くような下品で猥りがましい痴声を喚き散らす。
「あぢゅっ、んひぃいぃいっ……ひぃあぁおぉっ、おぉおぉおぉぉぉんっ……!」
 幼い身体では受け止め切れない快感の大波に翻弄され、全身が痙攣して無秩序に跳ねうねる。
 枷で拘束していなければベッドから転げ落ちる程に暴れ回っていたことだろう。
 そんな少女の身体を両手でギュッと抱え込んだまま、特濃の精液を撃ち込み続ける。
「んぉおぉおぉぉっ、おぉっ、ほっ、おぉおぉぉぉぉぉっ……!」
 ランドセルを背負った小学四年生の女の子に首輪を付けて拘束し、抱き締めながら挿入して肉穴の最奥に精液を吐き出す愉悦。
 こんなに気持ち良い事が他にあるとは思えない程の快感を味わっている。
「ほぉおっ、んっ、おぉぉっ……おぉぉぉ……ほぉぉぉぉっ……!」
 俺に犯されている時にしか出さない美少女の痴声を間近に聞きながら、溢れる欲望を全て注ぎ込む。
 射精を終えても抜き去りがたい。連続絶頂で止まらなくなった、尻穴の断続的な締め付けを受けながら十分以上も留まり続けてしまった。
 理乃ちゃんの痙攣が治まってきた所で、ゆっくりと腰を上げて行って身体を離す。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mekakushi.blog101.fc2.com/tb.php/364-c9eabf5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。